■東京都への提言

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、外国人に対する「おもてなし」力を高めることが求められていますが、そのためには在日外国人と日本人が国内で共に生きる文化を向上することが第一に必要であると考えます。 

私たちは、お互いの多様性を尊重しつつも、違いを超えた共通のアイデンティティとビジョンを共有するという新しい多文化共生の在り方を提示するために、2015年8月に「多文化おもてなしフェスティバル2015」を実施しました。その中のフォーラムやワークショップ、実行委員会での議論の中で出てきた意見を以下のようにまとめました。
1. 在日外国人コミュニティは外国人観光客誘致のための貴重なリソースである
 外国人観光客のニーズを知るには、その国を訪問してリサーチすることも必要ですが、在日外国人コミュニティの人材も大いに活用できます。
 また、日本から海外への情報発信でも、在日外国人コミュニティは非常に大きなポテンシャルを持っています。そして、在日外国人の親せきや友人といった訪日外国人を想定してみると、宿泊による経済効果はあまり多く期待できませんが、長期滞在の消費による経済効果は期待できるでしょう。そのような意味でも、観光振興の施策に外国人コミュニティをより一層巻き込んでいく必要があります。
2. 多言語・多文化に対応した社会制度やシステムを整備する 
 標識の多言語表記や、ムスリムがお祈りできる場所の確保やハラルフードといった外国人の受け入れ体制のさらなる整備が求められます。
3. 心からの「おもてなし」の文化を作る 
 多くの外国人から見て、日本人の「ホンネ」と「タテマエ」を使い分ける文化は奇異なものとして映ります。外国人と日本人が交流できる様々なプログラムを通して、お互いの相互理解を進め、文化・言語等の壁をブレイクスルーしていく必要があります。特に若い世代同士の交流の促進が効果的でしょう。
コラム
日本はおもてなし後進国? 

多文化おもてなしフェスティバルが開催されます

 

 

 

Our Suggestion

 Looking forward to the 2020 Tokyo Olympic and Paralympic games, Japan’s “Omotenashi” capacity for foreigners has been required to increase. For this to occur, we believe that the culture of co-existence between the foreign residents in japan and the Japanese people will have to improve first.

 

 While we respect the diversity of each individual, we believe that sharing the same identity and vision will overcome the differences, creating a new multiculturalism existence, such that on August 2015, “Multicultural Omotenashi Festival 2015” was held. We summarized the opinions that arose at the forums and workshops during the festival below.

 

      1.       The community of foreign residents in Japan stated that to attract foreign tourists, we need to know the valuable recourse, the needs of the tourists. While it is important to actually visit the countries and research the needs, but we can also utilize the human resources, the foreign residents living in Japan.

 

        Additionally, the community holds a huge potential concerning transmitting information from Japan to other countries. Furthermore, if we estimate the number of relatives and friends of the foreign residents, while we may not expect an economic growth based on lodging, we can expect an economic growth based consumption during the long stay in Japan. Such that, it is important to include the foreigner community in the tourism industry promotion.

 

   2.    It is important to create a social system that supports the multilingual and multicultural society. It will become required for us to improve our preparedness to receive foreign tourists. For example, it is needed to provide signs with various languages, places for Muslims to pray, and halal food.

 

   3.   Creating a Sincere/Heartfelt “Omotenashi” Culture

 

To many foreigners, the culture of the Japanese people that distinguishes the use of the Japanese “real feelings (honne)” and “public face (tatemae)” seems bizarre. Through the various programs where foreigners and the Japanese can interact, they can deepen mutual understanding, and breakthrough the wall of culture and language. Specifically, the cultural interaction between the young generation will especially be effective.