2015年の様子


 東京都、国際交流基金、12の大使館の後援で、8月1日に東京ウィメンズプラザに「多文化フォーラム」が、15日と16日に日比谷公園において、「多文化おもてなしフェスティバル2015」が開催されました。

 本フェスティバルは、日本国内の多文化共生を推進するポジティブな文化創造を目指し、その準備過程を通して、外国人と日本人、そして国を超えた外国人同士の協働ネットワークを強化し、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた「おもてなし」力の向上に貢献することを目的としています。フェスティバルを企画・運営する実行委員会を多国籍のスタッフにより構成し、多文化共生のための意見を積極的に取り入れていきました。

 8月1日に東京ウィメンズプラザホールで行われた多文化フォーラムでは、多文化コミュニティの代表によるグループトークや、東日本大震災当時、気仙沼市消防署指揮隊長であった佐藤誠悦氏による特別講演「多文化の思いを復興に活かす」などが行われました。

 また、8月15、16日に日比谷公園で行われたフェスティバルでは、噴水広場に7カ国在日大使館の展示を始め、多様な販売・展示ブースが立ち並び、人々が楽しむことができました。また、特設ステージで様々な文化背景をもったパフォーマーによる演技が披露。
 16日は目玉イベントである小音楽堂での文化公演が開催。18組のパフォーマーグループ(文化背景は計14カ国)が参加し、多様で美しい文化が紹介されました。フィナーレでは、フェスティバルのテーマ曲をフィリピンのヒミグアトムシカファミリーが演奏し、女優・歌手の希良梨さんが歌う中、参加者全員が一緒に歌って踊って大いに盛り上がりました。  1日の多文化フォーラムには約100名、15、16日のフェスティバルには約18,000名が参加。
フェスティバルを通して、国を超えて家族のような関係作りができ、おもてなし力向上に貢献することができました。  フェスティバルの成功のために尽力してくださった皆様、会場にお越しいただいた皆様に改めて感謝申し上げます。ありがとうございました。 主催:多文化おもてなしフェスティバル2015実行委員会 後援:東京都、国際交流基金、イタリア大使館、フランス大使館、ケニア共和国大使館

ナイジェリア連邦共和国大使館、ウガンダ共和国大使館、パラオ共和国大使館、ベトナム大使館
ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館、フィリピン共和国大使館、モンゴル国大使館
インドネシア共和国大使館、ウズベキスタン共和国大使館 協力:株式会社愛粧堂、株式会社パドマ、湖山医療法人グループ、株式会社第一興商

  On August 1st, the “Multicultural Forum” was held at the Tokyo Women’s Plaza Hall, and on the 15th and the 16th, “Multicultural Omotenashi Festival 2015” was held at the Hibiya Park with the support by the Tokyo Metropolitan Government, the Japan Foundation and the twelve embassies.

 

   The festival’s aim was to create a positive culture that supports the multiculturalism in Japan. Through the festival’s preparation process, we would like to contribute to the improvement of “Omotenashi (hospitality)” for the upcoming 2020 Tokyo Olympic and Paralympic games by strengthening the cooperation between foreigners and the Japanese, and also between foreigners themselves, going beyond their country’s boundaries. The organizing committee that planned and managed the festival is made up of staffs with various nationalities, and the staffs actively included their own opinions for the improvement of multiculturalism.

 

  Throughout the Multicultural Forum, which took place at the Tokyo Women’s Plaza Hall on August 1st, there was group talks by the representatives of the multicultural communities, and a special lecture, “Utilizing Feelings towards Multiculturalism for Reconstruction” by Mr. Seietsu Satou, who was the fire captain of Kesenuma City during the Great East Japan Earthquake.

 

  Additionally, the festival that occurred on August 15th and 16th at Hibiya Park, besides the seven embassies’ exhibitions, there also was various exhibitions and shops that people were able to enjoy. Along with the booths, there was special stages that showcased performances by people of diverse cultures.

 

  The highlight of the event was the cultural performance at the Hibiya Park Small Open-Air Concert Hall. 18 performance groups, overall 14 countries, joined the event and numerous beautiful cultures was introduced. The finale was the performance of the festival’s theme song by the Philippine music group, Himig at Musika, which performed while the singer and actress Kirari sang. They were joined by all the singing and dancing participants, bringing the event to its climax.

 

  One day of the Multicultural Forum brought 100 visitors, while the festival on the 15th and 16th had a grand total of about 18,000 visitors.

Through the festival, we were able to create close family-like bonds, while contributing to the Omotenashi capacity.

To all the people who devoted their time to the success of the festival, and to all the visitors who joined the event, we would like to express our deepest gratitude. Thank you very much